メルマガ登録してくれた方限定
無料記事添削受付中!
~11/30(月)まで

1記事2000文字で上位表示させる方法

こんばんは。しばっこです。

先日のメルマガの最後の方でチラッと
「私1記事2-3千文字くらいしか書いてません」

って言ったんですが
ちょいと謎に感じた方もいらっしゃるかと。

というのもですね、
メルマガ登録特典の無料レポート読むと

すべての記事で
「5千文字以上書かないとダメ」
みたいな感覚になった方が多いようでして。


ドストレートに
「自分には無理そう」
という方はいなかったけども

めっちゃ大変じゃん、と。
全部ライバルに勝たないとダメなの、と。

 

もっと簡単な方法はないのかーい
( ゚д゚)(゚д゚ )ヒソヒソ

 

なんとなーーーく
ニュアンス?語尾?テンション?


なんとなーーーく
ですが
確かに私、察知しましたよ笑

心の囁きをキャッチしました。

 

んでね、結論。
いいこと教えましょう。

冒頭でも言いましたが
「2000文字くらいでも勝てるようになる」です。

そして、そのために
「まず長文で勝ったらいい」です。

 

現在の私の状況を詳しく説明すると

今外注さんに書いてもらったり
自分で暇を見つけて書いたりってしてるんですが

5000文字とか
10000文字とか

ぶっちゃけ
書くの面倒くさいじゃないですか。

外注さんに頼むにしても
文字数が多ければ、それだけ費用もかさみます。

できればサクッと終わらせられる
2000文字くらいで済ませたい。

ということで
「2000文字でも勝てるようなキーワード」

これを発見することに
専念しております。


だって…楽したいので!


チャチャっと書き終えて
ビールでも飲んでいたい。そうしたい。

 

 

こうやって書くと
なんだよ結局はキーワードかょ


と思うかもなんですが
そこで私は聞いてみたい。

そんなキーワード
今の状態で判別できていますか?と。

 

出来てないですよね。

だから毎日うんうん画面の前で
「記事を書く前の段階で」
唸ってるのですよね。

出来てたら
今頃こんなメルマガ読んでないですよね。


わかります。
痛いほどに。

私も画面の前で
唸るどころか意気消沈。

死んだ魚の目よりもグロテスクな目
してましたから。


(○_○)ギョボーン


でも今考えてみると
下手くそが盲目的に同じことを繰り返していても、上達なんてしなかったんだなーって。


みんな
「私って、なんてキーワード選定が下手くそなんだろう…」って行き詰まって

「もっと上手にならなくちゃ…」


って考えるわけですが
ちょいとお待ちになりなさいと。

出来ないを出来るに変えるのは
とても立派な心意気ですが

でもあなた
何が正解なのかも
分かっていないまま同じ作業してやいませんかと。


あれだ…
スノボは横向きで滑るってのを知らないまま
前向いて
どうやったらスイスイ滑れるのか
自分だけで試行錯誤している状態だよってことです。

 

そんな時は
視点を変えてみたらいいんじゃないかと。


その視点の変え方が
「勝つように」です。

 

「ライバルに勝てるように」
を意識して書いていると

穴場キーワードが
ちゃんと分かるようになるんですね。

 

あ、これなら2000文字くらいでも1位かな。

あ、これは1位は無理でも6位なら取れそうだからタイトル工夫しよう。

そこからPV数みて行けそうならテコ入れしよーっと。

逆に
このキーワードは美味しいから
ガッツリ1万5千文字書いてでも取りに行こう。

ってな具合ですね。

 

で、これは
経験値を積んだからとか

ライティングスキルが上がったからとか

たくさん練習したからとか


根性でここまで這い上がってこい!!
できないのは継続しないからだ!!


とはまた別の問題で


単純に
「比較するものの数が減ったから」です。

 

例えばですが…


文字数で勝っているのに
もし負けていたら


それは、

ドメインパワーか
記事数が足りないだけですよね。

他にも要素はたくさんありますが
かなり大きな割合を占めるのは

文字数
ドメインパワー
記事数

って感じです。

ほら、この中のひとつの原因が減ったじゃない。

で、ライバルをチェックしてみて

自分が200記事
ライバルが1000記事

とかなら

あぁ、こういうライバルには
現段階では勝てないのね。


って分かるようになりますよね。


これをですね

ユーザーにとっての
「分かりやすさ」とか
「記事質」


ってな部分で上位表示の基準を判断しようとするから
「何が悪いのかわからない」
→「キーワードかな?」


というループに入っちゃうわけですね。


なので、
ひとまず
文字数で勝ちましょう。です。


勝っているうちに

自分が勝てるライバル
勝てないライバル

どれくらい書いたら勝てるのか
っていうのがどんどん分かるようになってきます。

そうすると

さっきみたいに

あ、これは1位いけるな。
2000文字でもいいな。


ってのが分かるようになりますから。


最初は塩梅が分からずに
大変なこともあるかもですが

これが一番の近道なんじゃないかなーって
私は思いますよ。


ではでは。


しばっこ

 


* … * … * … * …* … * … * … * …*… *


◇編集後記

最近↓教材のレビューページをせっせと
こしらえています。

まさか…
まさかレビューページが

こんなにも大変だとは思っていませんでしたよ。。。


これに限らずですが
調べてまとめる


ではなく


自分で考えて
伝わるように書く


というのは、
とっても難しいですねー。

こんな人には
こういう教材の
こんなところが役立つであろう。

これを書くだけなんですけどねー。

もうちょっとで完成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です