メルマガ登録してくれた方限定
無料記事添削受付中!
~11/30(月)まで

2晩掛かっていたキーワード選定を2分で終わらせる方法

こんばんは。しばっこです。

前のメルマガで
風が吹いたら桶屋が儲かっていた的な

ミラクルな連想ゲームをすれば
トレンドにのっかることができますよ。

でもそんな連想ゲームが苦手な方が大多数だろうから
そんな時はこのサイトを利用してみてね


ってお話をしたところ…


読者さんからキーワード選定に関する
悲痛の声が届きまして

「最近…てかいつもだけど笑、ブログネタ探し辛くて。
しばっこさんの最新メルマガの内容を参考にネタ探してみます。」


という感想をいただきました。

まぁここまではよしとしよう。

で、続き↓

「昨日3時間くらい粘ったんですけどネタ見つけられなくて。ニッチ具合が足りないのかも。それか…ブログ神が私にはまだ早いって言ってるのかもですね。」

そして、こんなこともおっしゃってました。↓

「3時間とかまだまだ普通ですよ。2晩とかも余裕であります!」

 

なんと…!!!

 

キーワード選定に2晩…!!!

 

 

 

過去の私や…!!!(‘ω’)ゴーン


いやね、そして
どうやってキーワード選定しているのか
かるーく聞いてみたんですが

 

ラッコキーワードで複合ワード出す

キーワードプランナーでボリュームチェック


ここまではセオリー
がしかし

そこからさらに追加で


〇〇ツールで××の値が■以下ならOK

★★ツールで△の値をチェックして▲以下ならOK

そして最終確認で目視

 

だそうな。

そりゃーこの条件を全部満たす
キーワードなんて探してたら
2晩掛かりますわな。


しかもね
この条件を満たしたキーワードで記事を書いても
最終的に目視した段階で
「そのキーワードが正しいかどうか」が
全く判断付かない状態ですと。


まぁそうですよね。
ブログ記事って評価されてくるまでに
3ヶ月とか余裕で掛かりますから。

 

だから成果も出ずモチベーションも下がっていますと。

 


で、


ご存知の通り
私ってキーワード選定なんて最低限で済まして
それよりも「ライバルに勝つ」方が
手っ取り早いですよーって話しています。


それっていうのは
アドセンスなんて記事数も
どんどん増やしていく必要がありますから

キーワード選定に2晩なんて掛けてたら
一生ずーっと稼げないから。


そんな理由もあったりします。


じゃぁその最低限って何だよって話ですが
これがまためっちゃ簡単で


検索結果1ページ目に

・無料ブログがあるか
・Q&Aサイトがあるか


です。


これだけなんですよ
キーワード選定なんて。


この2つのサイトがあった時点で
かなりの高確率でライバルが少ないですから

あとは「勝てるように書く」です。


ほら、私の無料レポートの方法です。
これを積み上げていけば
ある程度記事数が溜まった段階で
ググっとブログが強くなります。


だから

 

検索してみる

1ページ目にQ&Aサイトがある

書く


検索してみる

無料ブログがある

書く

 

他にも細かく書くと

・画像・動画が求められているキーワードじゃないか
・公式ページで埋め尽くされていないか
・Amazon・楽天などショップ系じゃないか
・YMYL(人生に関わるお金・健康系)じゃないか


という必要な知識はありますが


・ドメインパワーを測る
・記事数をみる
・運営期間をみる
・コンテンツの質から判断


は、やったところで
条件が複雑に絡み合って
自分のブログが勝てるのかって
判断できませんよね。


たくさん記事を書いていると感覚的に
分かってくる部分ではありますが

でも今現在、
わかりませんよね。


ってか、
判断できるような人がいたら
その人はとっくに稼いでいるでしょうね。


しかも

いくら細かい基準を作って
キーワード選定したところで
100%勝てるなんてこと、有り得ないですから
過剰なキーワード選定なんて
ハッキリ言って「徒労」にしかなりません。

 

ちなみに
私がやってたダメパターンとして

検索結果1ページ目の
ライバルの内容を読み込むってのがあります。

ライバルの記事が
本当に読者さんの悩みを解決してるかな?
って基準でライバルチェックするんですね。

 

この記事の

ここの部分は分かりずらそう
この内容は真偽不明で信憑性がないな
無駄な補足情報が多いから質が低い
逆に補足情報を入れた方が親切かも
画像を使ってないから読みずらいかも



こんな風に
記事の中身を確認して
「私がより多くの価値提供を出来る」
と判断できたら書くようにしていました。


でも、もうお分かりの通り
この判断基準だと効率悪いんですね。

全部の記事を目視で確認しないといけないし
「質」とか基準が曖昧で
捉えようによっては「良記事」
捉えようによっては「悪記事」


要は読み手によって
質の基準なんて変わりますよね。

 


だから、もっと単純に考えて


弱い記事
=Q&A・無料ブログ

これを発見した段階で、書く。


この2種が複数あれば
もう確定です。

例えば

これは
「枝豆 カビ」(検索ボリューム70)

って検索した時の画面ですが
1ページ目の一番上に知恵袋(Q&A)
少し下にアメブロ(無料ブログ)

しかも他の記事のタイトルにも
「枝豆 カビ」ってキーワード入ってませんよね。


こういうのは
即効書きます。

 

で、注目ポイントとしては
Q&A・無料ブログがあれば9割方
書こう!という方向で固まるってことです。

ライバル記事の「内容・質」を確認しなくても
弱いものがあったら
そのポジションを狙っていく。


こういう基準で書くと
随分と楽じゃないですか?


確かにね
Q&A・無料ブログ
これがあったところで
上位表示できなかったってこともありますよ。

それは
Q&Aサイトが予想より充実してたとか
無料ブログが意外と頑張っていたとか

色々と状況があるんですが

そういう
上位表示できなかった理由っていうのは
後から分かってくるものです。


なるほど
これくらい内容や記事数が充実していたら
無料ブログでも強いらしいぞ…と。


でも、そういう感覚的なものは
後から分かってくるものであって

最初からは絶対に分かりません。


だからキーワード選定で大切なのは
「機械的に」選べるようにしておくこと。


で、その機械的にという部分も
出来るだけ少ない方がいいです。


さっきの読者さんなんて典型ですよね。

色々な基準を持ってきたところで
書けない選択肢がどんどん増えるだけです。


さっきも言いましたが
100%なんてないんです。

それこそ神のみぞ知る世界、でしょうか。


書いてみたら
案外上位表示してきた
なんてこともたくさんあるんですよ。


キーワード選定なんて
即効5分くらいで終了させて
PV稼いでくれる記事を
どんどん積み上げていってくださいね。

 


しばっこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です