心血注いだ記事が0PVだった話。

こんばんは。しばっこです。

最近将棋界が賑わっておりまして
テレビを何度みても
ルールすら全く分からないしばっこです。

なんなの
藤井氏。

何手先まで読んでいるのですかね。

私、高校の数2Bくらいは
得意だったもんで(低レベルw)

でもあの盤面が分岐を重ねていくたびに
何通りになるのかとか
計算式を考えるだけで、げろ吐きそうです。

なんでも
全く意味の分からない手を打ったそうで
解説陣がみんなキョトンとなってしまったそうですね。

AIで分析してみても
4億手先まで解析しても意味不明で
6億手先まで解析してみて
初めて最善手になる手を打ったそうですよ。

6億って…笑

―――――――――――――

でね、
彼のように6億先まで読むのは難しいにしても

どのように戦略を組んでいくのかって
ブログ運営にとって、とても大事だと思うんですよね。

ある程度先の算段を付けておくというか。

なんていうの…
これをこうしたら、こうなるはずだ!

くらいのものは必要だと思うんですよね。

何でこんな事いうかって
「もったいなさすぎるブログ」が多すぎるからですね。

最近私、積極的に人様のブログを見るようにしているんですけど
まぁこれじゃぁ稼げないだろうなと。

そういうブログがめちゃんこあるんですよ。

記事内容がショボいとかじゃなくてですね

みんな個性たっぷりで
自分の思ったことや感じたことを
のびのびと書いているんです。

むしろ

アドセンスのお悩み解決系とか
個性を消して記事を書いている私にとっては
羨ましいくらいの個性です。

だから私って
アドセンス記事書くよりも
こうやってメルマガで
自由気ままに書いている方が
断然面白いんですが

でもね、

自分の思ったことを
思ったように書くにしても

キーワードとか
検索ボリュームを気にして書かないと
いつまで経ってもアクセスは来ないんです。

とかいう私も同じ様な経験がありまして

例を挙げるとすると

ある時
旦那と近場に外食しにいったんですよ。

結構老舗っぽい感じの洋食店で
店長さんと奥さんも気さくな感じ。

子連れでいったんですが
待ち時間に絵本を渡してくれたり
話しかけてくれたり

店内をチョロチョロしてしまった時に
こっちは焦ったんですが

「いいよいいよ、こどもだから」と
なんとも寛容に接して頂いて

なんていいお店なんだろうと。

こういう場所はどんどん発信していきたいなって。

そう思ったんですよね。

肝心のお料理の味は…
実は庶民的だったんですが笑

でもなんだ、よく言うと家庭的な味で
かあちゃーーーーん…

的な味だったんですよ。

これは。
みんなに広めるべきだと。
かあちゃんの味は貴重だろうと。

世のお母さん方は
このような子連れに優しい店を探しているはずだと。

そう確信して
店長さんに許可を取ってから
外観・内観・メニュー・お料理・サイドメニュー

色々と写真撮影をしまして
ブログの記事に投稿したんですよね。

そしたら

なんと

その記事のPVは

連日

0ゼロZERO

でした笑

いやいや。
まさかのですよね。

でも当時の私の心境としては

「ブログで有益情報を発信していれば
 いずれは稼げるようになる」

という意識でした。

自分のブログがたくさんの人に読まれるようになれば
このお店の知名度も上がるだろうし
そして自分も稼げるんだと。

win-winじゃないか、って。

でも違ったんですよね。

私は、ひとまずアドセンス一本で稼ごうと決めてましたから
まず最初にやらなければいけなかったのは

・検索ボリュームのチェック
・キーワード選定

だったわけです。

この記事を書いたら
ちゃんとPVが集まるだろうかということ。

そこをチェックしなければいけなかった。

何でかって
アドセンスってPV勝負だからです。

兎にも角にもPVですよ。
100PVで1クリックというのは不動のデータなわけで。

もちろん
単価が・ジャンルが配置が云々
という問題もありますが

やっぱりね
アクセスが集まらないことには
いつまで経っても3円とかしか稼げません。

にも関わらずね

アドセンスで稼ぎたいって
言っているにも関わらず

自分の書きたいことを
書きたいように書いてしまっていたんです。

そのお店ね、後から確認すると
じゃらんとかには掲載されていましたけど

一般人が検索するようなキーワードでの需要は
全くと言っていいほどありませんでした。

私の居住地が田舎ということもあるんですが

どんなにいいお店・いい場所・いい情報でも
それに対しての検索需要がなければ
書くべきではなかったってことです。

逆に言うと
需要があるかないかをチェックしてから
記事を書く。

ぼんやりとしたイメージじゃなくって
数字を使って先を読んだらいいと思うのです。

たったこれだけのことをするだけで
今までと全く違った結果になるはず。

藤井さんとはいかずとも
それを確認するだけで

こうやったら、こうなるはず!
につながるんですから。

自分の発信したい内容と
需要がある内容が一致していることって

趣味を仕事にするくらい大変だったりするのですが

あなたは細々と有益情報を発信したいのか
それともお金を稼ぎたいのか

どっちですか?

稼ぐでしょ、ってお話でした。

ではー。

しばっこ

* … * … * … * …* … * … * … * …*… *

◇編集後記

ふふふ。
ちょっとした自慢なんですけど…

私の住んでる町の景色が
美瑛とかに引けを取らないくらい
綺麗なんですよ。

最盛期は6月下旬から7月上旬の
今まさに。

畑が広大でパッチワークなのです。
Twitterで流すと
毎回わりと好評なので
メルマガでもお披露目しよ。

綺麗な景色に癒されてくだされ。

じゃ、今日もがんばりましょーう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です