メルマガ登録してくれた方限定
無料記事添削受付中!

1語目の拾い方とトレンドの狙い目キーワードをズバリで教えるよ。

こんばんは。しばっこです。


金曜日のメルマガでは
キーワード選定についてお話しましたー。


検索結果1~10位に

1,Q&Aサイト2つ以上
2,Q&Aサイト+無料ブログ
3,無料ブログが2つ以上


って条件のどれかを満たしてあげると
1ページ目に来る確率がすっごい高いのよーって。


で、こういった条件で書く時は
1位を狙うよりも10位以内に入るってのを
ひとまず狙った方が

効率的に稼いで行けるんですよ。
その理由を今回お話しますよー。




って終わったんですが





そしたら。



そうじゃないねん、と。



そもそもそのレベルじゃないねん。



って声が届きまして
他にもそういう方がいましたので

内容変えよーー。



キーワード選定にまつわる
こんな疑問が届いたのです。



NIさんより――――――――――――

メルマガいつも読ませて頂いてます。

今回、キーワード選定で
常に悩んでいるのですが、

複合キーワードどころか
最初のキーワード選びから躓いてしまい

結果を出している人達は
最初のキーワード選び
見つけ方はどうしているのかな?

と思っております。

是非、しばっこさんは
どうしているのか?

メルマガで聞かせて頂けたらと思います。


――――――――――――ここまで――



あい。


そうですよね。


分かります。


そういや私も

1語目を考える時点で
PCの前でフリーズしてたなーと。


PCの前にせっかく座ったのに


‥‥


‥‥



カチッ



カチッ



カチッ



カチッ



カチッ





ちょっとお黙りっ



そこの秒針!!



お黙りっ





ってなってたなーーと思い
共感しまくって長々とお返事してしまいました。

その回答を
せっかくなのでメルマガでシェアしますねー。



しばっこ回答――――――――――――


NIさん

こんにちは。しばっこです。

お悩みの投稿ありがとうございます。
非常にありがたいです^^

>複合キーワードどころか最初のキーワード選びから躓いてしまい
>結果を出している人達は最初のキーワード選び、
>見つけ方はどうしているのかな?と思っております。

確かに言われてみると
私も初期の頃は「1語目」のキーワード選びで苦戦しました。

なんでも書いてもいいブログというのは
逆に言うと何を書いたらいいのか分からないですもんね。

何について書こうかなーと四六時中考えても
何も思いつかないと思います。
私は思いつきませんでした笑


で、私がいいなーと思っているのが

やっぱり
「自分の頭でキーワードを発想しないこと」
だと思っています。

いくら頭で1語目を考えても
人間がポンポン思いつけるキーワードなんて
数が少ないんですよね。

しかも思いついたとて
ほとんどの方が一般人ですから

大体思いつくキーワードなんて決まってます。


なので、私はネット記事や雑誌、
歩いている時に目についたもの
テレビをみて気になったネタなど

1語目を自分の頭以外から
抜き出してメモするようにしています。


例えば私はネタを拾う時に
日経トレンディとか
あとはプレスリリースを使っています。

ネタが豊富なので
何もかも書けなさそう…ってことがないですし
トレンド要素も入っているので好きなんですよねー。


例えば今は日経クロストレンドって
サイトを見ていたんですが

そしたら「代替たんぱく」に関する特集ページがありました。

https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00418/?i_cid=nbpnxr_right_02

読んでみると

次世代ミート
植物肉
培養肉
プラントベースワッパー
代替肉バーガー
培養和牛
コオロギせんべい(うげ)
昆虫食
代替マグロ

などなど、
自分じゃ思いつかなかったような
キーワードが拾えました。


さらに個別ページを読んでみると
他のキーワードも拾えますし

読んでいくと

・培養肉って美味しいのかな
・健康にいいのかな
・高いのかな
・どんな商品があるのかな

とか疑問も出て来ますよね。


そういった自分が感じた疑問に対して
検索需要が多少でもあれば、そのまま記事にできますし

なんならこれから
「代替ミート」「昆虫食」「培養肉」とか
そういったものの関連商品・店舗が出たら注目度が高いんだな
ってことまで分かります。


で、ポイントとしては
この1語目を拾っていく段階では
自分が記事を書けそうかどうか???

とかは一切考えないで出していきます。


ひとまず拾う。一覧にする。


そっからキーワードのツール(私はラッコ)で
どんどんキーワードを複合やら関連キーワードから
1語目を広げて考えて

そして初めて検索ボリュームを調べたり
ライバルチェックをして
「自分にも書けるか」「勝てそうか」
という視点でふるいにかけます。


今回はちょっとトレンド色強めの方法を紹介しましたが


今目の前にあるものだと

ヘッドセット
穴あけパンチ
カッター
鉛筆
電波時計
ミックスナッツ
木の実
電卓
郵便はがき
湿度計
ノートパソコン
お守り
ロジクールマウス
スマホ
貯金箱
メンタームスティック
ホチキス
ノートパソコン

とかとか

タイピング
瞬き
ブルーライト
作業BGM

雑音
会話
白熱球
カレンダー

などなど出て来ます。


最初1語目を探そうって時は
それこそ目についたものを片っ端から
リスト化しておくといいと思います。



1語目をひとつ思いつく
→ボリューム・ライバルチェック
→ダメだった
→他の1語目をピックアップ

だと効率が悪いので
一気に1語目を拾ってしまってください。


そこからラッコキーワードってツールを使うと
複合キーワードがぶわーって出てくるんで

さらに深堀り&ずらすって作業をして
キーワード見つけると良いと思います。


まぁ深堀りとかキーワードずらすってなると
ちょっと話が広がりすぎるので今回は割愛しますが

1語目の拾い方の回答として
参考にしていただけると嬉しいです^^

ではー。


しばっこ


――――――――――――ここまで――


この回答のあと
NIさんからは

難しく考えすぎてたかも!?的な
お返事をいただけましたー。


なので他の方の参考にもなると嬉しいです。




1語目に関しては
最初は本当に無作為に拾っていくのが
いいと思いますよ。



このキーワードなんて
きっと書き荒らされちゃってるんだろうなーって思っても

案外調べてみると書かれていなかったり



あとは
これは商品名だから
○○ おすすめ とかしか出てこないだろうなーって思っても

案外「お悩み系」のキーワードが
ゴロゴロ出てきたりとかありますので。


最初の頃は
イメージだけで判断せずに
ひとまず色々なキーワードを拾ってみるとよいですよー。


物でも
行事でも
動詞でも
形容詞でも



幅広ーく集めてみることです。



あ、


コテコテ
ズルズル
フワフワ
プニプニ


とかオノマトペでもいいですよ。


案外1語目を「実在する物」
で書いている人が多いんですが

実態のないものって案外抜け穴だったり。


ってなわけで
1語目を拾う時の参考にしてくださーい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です