メルマガ登録してくれた方限定
無料記事添削受付中!

【磨の巣の話3】小雪さんってただのめっちゃ物売る人?

こんばんは。しばっこです。

昨日突如としてご紹介させていただいた
小雪さんの「磨の巣」という
メルマガの迷える子羊に向けたコンテンツ

読みました?

《磨の巣》セールスと寝た女

https://www.infocart.jp/e/73111/205626/

こんなセールスレターみたことないでしょ?

それほどに世界観が独特で
私が「型」が解読できないと言った理由も
分かっていただけたんじゃないかと思います。

あっ!

先にお断りしておくと
今日のメルマガは(も)

あたしブログに専念したいねん。

メルマガとかセールスに関してとか
一生関わる予定ないねん。

という方には
全くお役に立てないので
ささっと離脱&記事書きにGOGOですよ。

ってか

メルマガ発行者以外
私のメルマガの闇が深すぎるので
読んでほしくないくらいです。笑

ただまぁ日曜深夜から言ってた
私が長年(ゆーて1年だが)ピーピーいってた
メルマガセールスに関する悩みね

あれと同じ様なことで
メルマガ…なんか面白くないな
しんどいな、踏み出せないな

心の部分で突っかかりがあるような方には
すごく役に立つんじゃないだろうか?

ということでご紹介させていただくことにしました。

その点ご了承くださいませ。

でですね

私が
「役に立つ」「すごい」「読んでみて」
と言ったところで

お前はどう感じたんだよ!!
という部分が一番重要かと思いますので

今日は私が
「磨の巣」を読んでどうだったのか?
どうなれたのか?

というお話をさせてもらおうと思ってます。

それにはまず
「小雪さんのセールス」について
語らないといけないんだけど。

私小雪さんって
「ただのめちゃくちゃ物売る人」
だと思ってたんですよね。

待って!

語弊がありすぎるんですが。

なんていうのかなーーー

小雪さんのセールスって
セールスをされている感じが全然しないのに

いつの間にか

すっっっごく
欲しくなってしまうんですね。

私が小雪さんから
初めて購入した教材はブログ経由だったんだけど

「アフィリエイト 始め方」で検索して
出てきたページがあって。

これが小雪さんとの出会いだったの。

そこには
アフィリエイトを始めるにあたって
準備した方がいいこととか
気を付けた方がいいこととか
心構えとか

1ー7日に分けて伝えてくれる
構成になってたんだけど

単純な作業手順の中にも
彼女の考え方とか意見がぎっしり詰まってて

夢中になって読み進め
作業したのを覚えてます。

そのブログでアフィリエイトに対する
準備や心構えが完了して

「さて、ここからどうやって
 自分なりのアフィリエイト道を進んで行こうか」

と考え始めたところに

スッっと静かに差し出されたのが
「アンリミ」という教材でした。

その時私は煽られたとか全く思わずに
「手に取るのが当たり前」のように感じて

やる気に満ち満ちて購入してたんですよね。

「初心者から始めることは出来るけど
 初心者のままでは稼げるわけないよね。」

という厳しい言葉も並んでいたのに。

いつの間にか手に取ってた。
これはこの先必要だと思って。
ほんと自然とね。

これからバスケ始めるから
バッシュ買っとかなきゃー

みたいな自然さなのよ。

無料の情報が溢れている今の世の中で
高額の商材を自然に手に取らせるって
どれだけすごいことなのか。

なんとなく想像つくでしょうか?

だから

私は小雪さんが
「セールスに関するコンテンツ作りましたよー」
って言った時に

簡単だよって訴求してないのに爆発的に売ってて
自然に手に取らせることができる
小雪さんの教材ならば

私が目指してる

必要な人にだけ届けるためのヒントが
もしかしたら転がっているかもしれない。

セールスに対する負のモヤモヤを
彼女なら取り除いてくれるかもしれない。

って思って。

こんな風に「ヒントがあるかも」
くらいの気持ちで購入したんですよ。

そこに期待して購入したの。

で、実際に磨の巣を読んでみたらね

その期待は見事に裏切られまして。

どういうことかって

めちゃくちゃ物売れる人
自然に買わせる人
簡単訴求をしないのに売れちゃう人

ってイメージだった小雪さんが
常に考えてるのが正に

「必要な人にだけ届けることを意識してる」

だったんですよね。

誰もかれもに売りつけるのではなく
私がずーっとやりたいと思ってた

「必要な人にだけ届けるためには?」
ということだったの。

それを突き詰めた末に
云百万とか売ってたんですよ。

これが分かった。

ヒントどころか
ドンズバな内容だったの。

いい意味で裏切られたんですよ。

必要な人にだけしか届けないようにする

ということは普通に考えると

売り上げ件数を減らすとイコールでもあります。

だからメルマガアフィリエイターの中には

本当なら必要「ない」人にも
商品を届けようとする人もいる。

そうやって成約率を最大に持って行こうとする。

昨日のYさんの営業の話が分かりやすいですよね。

・PCって5年で壊れるから今買い換えておいた方がいいよ
・今なら安くなっているよ

など。

別に今急いでPC買い換える必要もないのに
色々と理由をつけて買わせようとする。

煽ったり魅せたり。

でも小雪さんはそうじゃなかった。

必要な人にだけしか
届けないようにしてるにも関わらず

売り上げを最大に持って行ってたんですよ。

そのために

普段からどういうことを意識しているのか

どんな切り口でセールスを組み立ててるのか

文章をどう考えて作っているのか

どんなテクニックを使っているのか

その「頭の中」が全部書いてあるのが
磨の巣だったんですよね。

私めっちゃ感動しちゃって。

だって今まで

本当なら必要ない人にも商品を届ける

↑これをやったり

簡単そうに魅せる

↑これをやらないと

メルマガって大きく稼げないと思っていたから。

そんなことする必要なかった\( ‘ω’)/

他でもない小雪さんが
「必要な人にだけしか届けないようにしてる」

↑これをやってるって知れたんです。

むしろこれを意識しているお陰で
件数を減らすどころか爆発的に稼いでいたんです。

\( ‘ω’)/バンザーイ

そしてその考え方が書いてあった。

私、磨の巣、出会えて良かったって思って。

全編を通して
「○○の考え方」というような
特徴が強い教材だから

例えば

セールスで成約率を高めるワードとか
人の感情を揺さぶる訴求方法とか
セールス○日目はどういう内容を書けとか

そういったハウツーを求めている方には
合わないと思うんだけど

私のように
ハウツーは知ってるんだけど
でも今一つ上手いこと進めないんだよな

って思っている方には
スーーーって馴染んで救ってくれる教材?

どちらかというと読み物?と思いますよ。

「磨の巣」(魔じゃなくて磨なのよ)

《磨の巣》セールスと寝た女

https://www.infocart.jp/e/73111/205626/

ちなみにこのコンテンツですが
「特典つけるの禁止」という
この業界としては面白いルールのある教材でして。

他のアフィリエイターさんも
誰も特典付けてないんですよ。

だから「今だけ限定」の特典とか
「私からのご購入者さまだけに~」とかないので。

その点は安心して

必要だと思うならば
じっくりご検討いただければと思います。

ではでは。

しばっこ

→磨の巣の話4へつづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です