メルマガ登録してくれた方限定
無料記事添削受付中!
~11/30(月)まで

「書きにくい」穴場キーワードを簡単に書く方法!

アドセンスでは
「読者の疑問に答えてあげましょう」

ってよく聞くと思います。

自分の書きたいことではなく
読者さんの知りたいことを書きましょう。
って。

例えば
「コンロ 汚れ 重曹」

って検索してる人にだったら
重曹を使用したコンロの汚れの落とし方を
教えてあげればいいわけですね。


でもですね


たまーーに


無理!
絶対無理!
調べても自分に書ける気がしません!

みたいなキーワードに出くわすことって
ありませんか。

もしくは


ダメだ…
調べても調べても
全く答えにたどり着かない。

これじゃ読者さんの悩みを
解消してあげられないや。。。


そして
そのキーワードは諦めて
他の、自分にも書けそうな
答えを提示できそうなものを探すと。

で、結構そういう繰り返しが続いてしまって

あれもダメ
これもダメ
それもダメ


( ´・ω・)⊃「キーワード」

むりっ

( ´・ω・)⊃「キーワード」

だめっ

( ´・ω・)⊃「キーワード」

ひぃっ

( ´・ω・)⊃「キーワード」

ごめんっ

そしてその日の作業は終了するのだった…fin

とかあると思うんですが

でもですね

これってすんごい
勿体ないと私は思っていまして。

基本的に
「あ、これ無理書けなさそう」
って思うネタっって

その他大多数も
「あ、無理やめよ」
って思ってます。


逆に
「あ、これ書けそうフフフ」
って思うネタって

その他大多数も
「これならいけるわっ」
って思います。


あなたがマイノリティー
もしくは
専門特化型なら話は別ですが

その辺の一般人ならば

「あ。これ無理」

にこそ
ライバルが少ない
あなたが勝てる


( 厂・ω・ )厂うぇーい


なものがあるということですね。


無理なものこそ
当たって砕けましょうと。


いや砕けちゃダメか。

頑張って書いてみましょうと。


いや頑張っても無理そうか。


それならば


「分からないものは分からない」
「調べたそのまま」
を書いてしまっていいですよ

と私は言いたいです。

みんな、キーワードに対しての答えを
返そうとしすぎなんですよね。


答えなき記事は
世に送り出してはいけない的な。

例えばですね
最近だとハーブの話が面白かったですね。

だんだん暖かくなってきたので
(北海道は今あったかくなってきた)
虫、うざいですよね。

庭に出ているとブンブン飛んでいるし
中には刺してくる虫もいるし

かといって

毎回蚊取り線香を焚くのも大変だし

で、そんな時に役立つのが
ハーブなんだそうですよ。

なんでも、
庭に植えておくだけで
虫除け効果があるんですって。


ただ

記事によっては

いや、ハーブ植えても
めっちゃ虫来るよ
むしろ前より来るよ。
ハーブ植えたら虫来ないなんて嘘っぱちだよ


って情報もある。


こうなってくると

「ハーブ 虫除け効果」


とかって調べている人に対して
何と返せばいいのか分からずに
手が止まるんですよ。


真面目な方ほど
この傾向があるんじゃないかと。


しっかりと答えてあげなくちゃ…って。


で、
さっきの話に戻りますが

そんな時は
「調べたそのまま」
を書けばいいと思います。

――――――――――――――――――


ハーブには○○な成分があるので
虫除け効果があると言われています。

実際にお庭に虫除けとして
使用してる人もたくさんいます。

ただ、実際にハーブを植えてみて
効果はゼロだと言っている人もいました。

ハーブに虫除け効果があるかは
人によって様々ですが
試してみる価値はありそうですよね。


――――――――――――――――――

うんぬんかんぬん…


とかとか。

そこに実際の声を
Twitterから探して埋め込んだり
他のブログから引用して使ったら


めーっちゃ信憑性高まりますよね。
役立ちますよね。


え、めっちゃ調べてるじゃんこの記事。
ってなりませんか。

私が読者なら、ですが
なんの根拠もなく
「ハーブは虫除け効果あるよ!」

って書いてる記事よりも

「いや実は…
 両方のパターンがあって
 よく分かりませんでした。」


みたいな記事の方が
数百倍信用できます。


私が執筆者だったとしても
分からなかった時はこうやって書く。

なんでも、そのままに書きます。

ダイエット効果がなさそうなら
なさそうって書くし

他の記事に信憑性なかったら
信じられない情報ばかりだったと書く。


そうすることで
今まで書けないと思っていた記事が
どんどん書けるようになってくるんですよ。

な  の  で

自分に答えられないからといって
パッと諦めるのではなく

「できなさそう」

にこそ

「勝てる要素」


が詰まっているので

ちょっと茶でも飲んであったまり
ちょっと肩の力を抜いて


調べたことを
「そのまんま」書くようにする

分かんなくてもいいのだよ。

そう思うだけで
書ける記事の幅がぐーーーっと
伸びると思います。


ちょっと意識してみてくださいね。

 

人気ブログランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です