ブログ記事の外注さんから単価アップ交渉が来たよ!断るときのテンプレ公開

こんにちは。しばっこです。

外注化をはじめてまだ間もない時に
「単価アップをお願いしたいんですけど」
なんてメッセージが来るとテンパりませんか?

私はテンパりました。

この記事では、外注さんから単価アップ交渉が来た時の断り方を
テンプレ付きで公開します。

これで、メッセージが来た時も慌てないですよー。

ブログ記事の外注化の単価アップ交渉お断りテンプレ

では早速ですが…これが私が使用しているテンプレです。

○○様

ご連絡ありがとうございます。
どの方に対しても単価引き上げということは行っておりません。
これは、一記事〇〇円でご契約いただいた方に
不公平とならないようにするための配慮です。

その代わり、

サンプル記事後に本契約を結ばれた場合には

・記事内画像必要なし
・システム手数料はこちらで負担

というような形を取らせていただいています。

もし可能ならご検討いただきたいのですが、
難しければ、また単価を上げた条件の仕事を発注したときに
ご縁があれば、ということでよろしくお願い致します。

(自分の名前)

じゃじゃん。こんな感じです。

外注さんから記事単価アップ交渉されたら全て断ろう

今まで外注さんを募集した時の経験上、
ある一定の割合で「単価○○円になりませんか?」
というメッセージが来ることがわかりました。

大体、経験者の方が交渉してくることが多いです。

こちらの希望額の2倍くらいの値段のことも度々ありますね。

最初の頃は、
「たぶん、この人に書いてもらえば良記事ができるんだろうな…」
なんて条件変更に応じるかどうか迷ったりしていましたが、
今では100%お断りしています。

理由は上記のメッセージ内にも書いてありますが、
先に契約した人に失礼だと思ったからですね。

また、外注さんの集め方次第では
単価アップ交渉に乗らなくても十分に高品質な記事を
納品してもらうことが可能です。

その辺りは以下の記事に。

あと、この外注さんを逃したら、
もう契約してくれる人が現れないかもしれない。

という不安から
単価アップ交渉に乗るか迷った時もありますが、
自分の予想以上に
ライターの仕事を探している方っていらっしゃいます。

そのことが分かったので、
今では全てお断りしているということです。

ちなみに、このテンプレを使用して揉め事になったことは
一度もないので、ぜひ利用してみてくださいね。

コピペ可です。大したものではないけど。

10人の募集があったら3人くらいは
単価アップ交渉してきますので、
テンプレ化してどこかに保存しておくと便利ですよ。

外注化の単価アップ条件は2つ設定中

ちなみにですが、サンプル記事で合格が出て、
本契約に進んだ場合は「画像添付必要なし」。
41記事目からシステム利用料こちら負担。

という感じにしています。

41記事目っていうのは、
私の場合4記事で1テーマみたいな発注にしているので、
11記事目から単価アップにしています。

外注化の記事単価について

外注化の記事単価に関して、
高ければいい記事が納品されると
思っている方がいるみたいなんですが、
それは大きな間違いです。

実際に、私が外注する単価っていうのは
1記事2000文字400円なんですが

十分にいい記事を集められています。

いい外注さんを引きとめる手段として、
単価アップをこちらから持ちかけるというのは
いい案ですけどね。

それ以外の場合は「高単価=いい記事」
というのは成り立たないので、
特に要望に応じなくても大丈夫だと思います。

実際に、私が以前設定していた単価は2000文字で650円
(これはクラウドワークス内では割と高い方)
とかでしたが、募集の仕方を根本的に間違えてたので、
いい記事は納品されませんでした。

外注さんから記事単価アップ交渉が来た時の対応まとめ

外注さんから応募時に単価アップ交渉が来た時には、
特に応じる必要はないです。

テンプレートを使ってさっさと断ってしまって大丈夫です。

単価が高ければいい記事=稼いでくれる記事
とはなりませんので、お忘れなく。

むしろキーワード選定とかの方が数段大事なので、
そこを頑張った方がいいと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です