メルマガ登録してくれた方限定
無料記事添削受付中!

【特典5実例強化】1 行目から最後まで読者の目線を釘付けにする記事構成を伝授!見出しを入れ替えるだけでライバルを抜き去るリライト方法

ここではFAAP特典5の内容に沿った実例を紹介していきたいきますね。特典だけでも十分に内容は分かるように作りましたが、記事添削でも何度もアドバイスするポイントだったりします。

たくさん実例をみることで、より理解が深まると思いますので、しっかりと自分のものにしてくださいね。

動画ひとつひとつは、10分以内に収まるように撮りましたので、時間が空いているときに小出しで見ていってくださいね。

1.「ヘッドライト 黄ばみ」

https://autoc-one.jp/knowhow/3411869/

2.「フロントガラス 水垢 落とし方」

https://glass-d.com/glassstyle/maintenance/203/

リード文に関して引用すると

フロントガラスの汚れの中でも特に頑固なものが水垢、通称「ウロコ」と呼ばれるものです。

一度こびり付いてしまうと、力強く磨いたところで完全に除去する事はできません。

かといって放置しておくと、水垢やウロコ汚れなどはドライバーの視界を妨げるため、安全な運転に支障が出ます。

市販のクリーナーである程度は落としきれますが、本格的に綺麗にする場合、専門店のプロに任せる手もあります。

今回は水垢・ウロコ汚れについて、原因と除去方法を解説していきます。

私ならこう書きます。

車のフロントガラスに付着した水垢は、固形化したものなので、普通に洗車をしただけでは落とすことができません。

クエン酸や酢を使用して、一度溶かしてからふき取る必要があるんです。また、市販の水垢用クリーナーでも落とすことが出来ますよ。

この記事では、クエン酸と酢で水垢を落とす方法と注意点、水垢用クリーナを選ぶ時のポイントも一緒にまとめました。

私はいつも自宅にあるお酢でピカピカに仕上げていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

3.「絵具 パレット 洗い方」

https://38hana.com/pallet/

「ただいま」と学校から帰ってきて、今日使ったパレットをテーブルの上に放置・・・

小学校の工作の授業で使った絵の具のパレット・・・

学校で洗ってくれば、ここまで色残りはしないのにとは思うものの、最近の小学校ではパレットを洗うのを禁止されているところが増えています。

もともと真っ白のパレット・・・

出来れば真っ白にしてあげたいですよね。

そこで、今日は絵の具が染みついたパレットを綺麗にする方法や、とっておきの裏技を紹介したいと思います。

絵の具のパレットの洗い方はメラミンスポンジ、重曹、消しごむなどを使用すると上手に落とすことができます。

水性絵具は顔料が使われているので、普通の水洗いだと綺麗にならないことが多いんですよね。

中でもおすすめは消しゴムです。どの家庭にもありますし、一番簡単に落とすことが出来ます。

その他にもこの記事ではパレットを真っ白にする方法をいくつかまとめました。我が家で試して一番効果の合った方法も紹介しますね。

4.「水彩絵の具 洗濯」

https://yourmystar.jp/c0_133/c1_26/articles/paint-stain/

「絵を描いていたら、うっかり絵の具を服に付けちゃった!」

「子供が服に絵の具をつけて帰って来た!」

誰でも一度は困ってしまう、絵の具の汚れ。

普通に洗濯をしてもなかなか落ちない、悩みのタネですよね。

今回は、そんな絵の具の汚れの落とし方を紹介。

水彩絵の具だけでなく、アクリル絵の具や油性絵の具の落とし方まで伝授します。

絵の具汚れは、すぐに落とすが鉄則!

落とし方を読んだら、すぐに始めましょう!

絵の具の落とし方は水性・アクリル・油性でかなり違ってきます。

水性絵具はでんぷんのり、アクリル絵の具は固形石鹸との併用で、油性絵の具は除光液、酸素系漂白剤を使うと効果的です。

ただ、絵の具は乾くと固まって撥水するので、どれも早めの対処が必須。

この記事では絵具別の落とし方を画像付きで詳しく解説しました。また、衣類にダメージを与えないためのポイントもまとめましたので、ぜひご覧くださいね。

5.「マカロニ 保存方法」

https://www.olive-hitomawashi.com/column/2019/04/post-4642.html

マカロニは、グラタンやサラダ、スープの具などとして使うことができるが、茹で過ぎて余らせてしまったことはないだろうか。余ったマカロニは、正しく保存することで、次に食べる時に味を落とすことなく楽しむことができる。では、そのマカロニの正しい保存方法を詳しく解説する。

この記事では茹でた後のマカロニの保存方法をまとめました。

ソースを絡めたものと、絡めていないもので美味しく食べるための保存方法が違うので注意です。

また、基本的に冷蔵で大丈夫なのですが、ポイントを押さえれば冷凍保存の方が長期的に保存できるのでおすすめですよ。

冷凍後のマカロニの簡単調理方法についても紹介していますのでぜひご覧になってください。

まとめ

実例を5つ解説してきました。ここまででお気づきかもしれませんが、企業サイトでもこの構成方法ができていない記事ってたくさんあります。

ですが、ドメインパワーが強いので上位表示しているという現状。

ただ、選んだキーワードの1~10位が個人で運営しているブログなら、この方法で記事を書くと読者さんがしっかり読んでくれるので順位が上がるスピードも速くなりますので、ぜひ取り入れてみてください。

また、特にリード文の書き方に関しては注意した方がいいです。記事の最初に何が書かれているのかgoogleはしっかりと見ています。

この部分は重要なのですが、外注さんに頼むとほぼ100%結論から書いてくれません。笑

なので私は、スキルの高い人にはリード文の書き方を見本を見せながら伝え、何回か指摘しても反映されない方には

見出し1から頼んで、リード文は私が書くようにしています。

もし記事の構成で悩んだら、私の方でチェックすることも出来るので、気軽に声をかけて頂ければと思います。

また気付いたことがあれば、随時コンテンツを追加していきますね。