ライバルを超徹底的にリサーチしたら、衝撃の真実が明らかに。内容カス記事でもアクセス集めるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この前、頑張ってリサーチしまくって文字数も半端なく書いた記事が、投降後たった一日で上位表示しましたよっ!!どや!!

って記事を意気揚々と書いたんですが(そん時の実践記事)それが奇跡だった説が浮上してきました。

私ってば、イベント記事を今の方法で書き始めてまだ10記事ちょっとなんですが、結構成果が表れてました。

自分で言うのもなんですが、その顕著な例が「投稿後1日で2位に表示された」ってやつなんです。

 

今までへっぽこブログを運営してて、上位表示どころか記事がほとんど圏外表示なんてザラだったんで、私にとってはすごい革新的結果。

 

で、まあ要は調子に乗っちゃったんです。

 

「今の書き方なら、花火大会の一週間前に投稿してもアクセス集まるじゃん!!」って。

 

だから、花火大会1週間前の記事を2つ投下してみました。「○○花火大会 穴場」っていうキーワードと「○○花火大会 屋台」っていうキーワードで狙った記事。

 

で、結果なんですが、というか昨日投稿したばっかりなんですけど、

 

 

ぜんっぜん1ページ目に出てこない!!笑

ひとつは3日前に投稿して、今35番目くらいに表示されてて、もう一つは14番目とかに表示されてます。

ダメだ。このままではゴミ記事を作っただけで終わってしまう。

 

なんで??書き方は少しリサーチ時間減らしてペースアップして書いたくらいで、文字数的にも内容的にも、ぜーーーったいライバルに勝ってるのに、なんで???

この前の結果はたまたまだったのか?それとも何か理由があるのか?あれをまぐれ当たりだと思って終わらせてはいけないと思って、徹底的にライバルチェックをしてみました。その結果、驚愕の事実が判明したのです。

 

それは…

 

 

翌日に上位表示させれた記事は、ライバルがいなかったということ…爆

 

 

かなり詳細にライバルリサーチしたので、色々見えてきたものがあります。

 

まずですね、今回のライバルチェックの方法なんですが、自分が負けたライバルと勝てたライバルを記事ごとに全部一覧表示しました。

ライバルのドメイン名・運用歴・記事内容(厚いか薄いか)・記事数・アクセス数などなど。

そうすると、私の今のブログスペックで、この記事の書き方だと、どんなライバルになら勝てるのか?逆にどんなライバルに負けてるのか?じゃあどうしたら勝てるのか?

っていうのが結構明確になりました。で、さらに衝撃の結果なんですが、簡潔に言いますね。

 

強いライバルっていうのは軒並み記事数が多かったんです。

 

ドメインの運用歴はさほど変わらないんですけど、私は100記事ちょい。強いブログは1000記事とか。最低でも200記事は入ってました。

例えば、1000記事入ってるブログだと、記事内容はカスッカスでも上位表示されてるんですよ。4000記事入ってるブログなんか、情報の項目は網羅的に入ってるんですけど、内容空っぽに近いです。

 

つまり、手抜き記事を書きたかったら最低でも1000記事はブログに突っ込まないとダメ。例えばだけど、イベント記事を外注さんに2000文字とかで発注するなら最低でも1000記事ないとダメですね。

 

そして私のブログに関してですが、1万文字以上書いても、こうした1000記事くらい入ってる中身空っぽのブログの記事に惨敗。

他にもドメイン取ったばっかりのブログにも負ける。(確かgoogleハネムーンとかいうやつだ。)

コンテンツの質がうんちゃらって信じてましたけど、googleは機械だったというわけです( ゚Д゚)

 

そんでもって、私が上位表示できた!!と思ってた記事より下に表示されてる記事をリサーチしてみると、同じキーワードで狙ってる記事が皆無だったんですよ。

例えば、「穴場」で狙おうと思ったら記事タイトルは「○○花火大会の穴場〇選!」みたいになるじゃないですか。

でも、私の下に表示されてたブログは「○○花火大会の駐車場と交通規制は?場所取りや穴場もリサーチ!」みたいに、「穴場」に対する比重が軽い記事だったんです。

 

なので、上位表示できたんじゃなくて、上が少なかっただけっていう。

 

超ショック…

 

じゃあどうやったら私は勝つことができるのか。

一番の理想は、この前に見たいにライバル不在のキーワードを発掘して書くっていう事。そうすれば、弱小ブログでもアクセス集めることができます。

でも、今ってイベント記事書いてるライバルたくさんいるから、それを探してるだけで時間掛かってしまう。現実的ではない。

 

そんな中で、ちょっと気になるブログを発見しました。

 

そのブログは2018年から運用開始の比較的若いブログで、記事数もまだ200ほど。でも、かなり色んな花火大会の記事で上位表示させてるんです。

アクセス数もシミラーウェブで調べたら7月は10万とか。

記事内容もそこそこで網羅的内容を5000文字とか。どうやらイベントごとに決まった記事の書き方があるらしく、それに沿ってリサーチしている模様。

 

これ、結構希望だなと。

 

200記事でしょ?5000文字でしょ?

 

私は現在イベント記事12記事で、今は勝てないけど、このまま今の方法続けていれば200記事達成するころには確実に色んなライバル抜かせるってことでしょ?

 

記事の更新ペースなど、諸々問題はありますが、自分がどんなことをしたらライバルに勝てるのかっていうのが明確になってきたので、なかなかの収穫です。

 

これを踏まえてですが、やっぱり記事数が足りなすぎるっていうのが現在の課題です。黙々と作業していかなければなっていうのと同時に、記事の一部分でも外注さんに頼めたら楽なのになーなんて考えています。

ちょっと最近また外注教材買ったんで、何かヒントがないか読み進めてみたいですね。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*