徹底的にリサーチして書いたブログ記事が1日で上位表示された

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近イベント系記事を書き始めて、今4記事目を書き上げたところ。

この記事、徹底的にリサーチして、「絶対にライバルに負けてない」ってレベルまでリサーチして書きあげました。

自分は行ったことないイベントだけど(笑)

で、その記事が投稿してわずか1日で狙ったキーワードで2位になったんで、その詳細を書いていきたいと思います。

ブログ記事を書く時にどれくらいリサーチしたか

今回狙ったキーワードは「○○花火大会 穴場」です。地方都市の有名な花火大会で、来場者数は10万人以上にも関わらず、「○○花火大会」1語で検索しても、がっつりリサーチして書いてある記事がなかったんですよ。

こ、これは…いけそうな気がする…!!

具体的には、

「○○花火大会 穴場」で検索しても、場所の名前と住所とMAPが書いてあるだけだったり、

「○○花火大会 駐車場」で検索しても、一部の有名な駐車場しか記載してなかったり

「○○花火大会 交通規制」で検索しても、あやふやな表現で確かな情報が書いて無かったり

「○○花火大会 場所取り」で検索しても、早めに取りましょう!しか書いて無かったり…

「穴場」で検索して場所しか書いてなかったら、見え方とか気になるじゃん。混雑状況とかも気になるじゃん。

「駐車場」で検索したら、交通規制で入れなくならないのか?とか早い時間に埋まっちゃうのか?とか、路駐はダメなのか?とか気になるじゃん。

「交通規制」で検索したら、交通規制マップが見たいだろうし、交通規制になる時間も知りたくなるし、合わせて渋滞情報とかも知りたいじゃん。

「場所取り」なら、どれくらいの時間に行ったらどんな場所が空いているか?とか、具体的な時間とか、場所取りルールとか知りたいじゃん。

 

って感じで、まだまだまだまだ書けそうなことがいっぱいあったんですよね。

なので、「○○花火大会 穴場」で検索する人メインに記事を書いたけど、他のキーワードでもがっつりアクセス集められるような濃い内容にしよう!を目標にして取り組みました。

で、まず考えたのは「穴場」で検索する人の知りたいことを想像すること。ライバル記事を読んだだけじゃ「???」となったことを書きだすこと。

例えば、穴場の場所が分かったら、どんな風に見えるだろうか?打ち上げ会場からどれくらい離れているだろうか?近くに駐車場はあるだろうか?とか気になりますよね。

なので、この辺をめちゃくちゃ調べて、視覚的にもめちゃくちゃ分かりやすいように書きました。

書いた項目は

  • 住所
  • GoogleMap
  • 打ち上げ場所からの距離
  • 問合せ先
  • 駐車場・アクセス方法
  • 花火の見え方
  • インスタ・ツイッターの口コミ
  • 混雑具合

とかですね。穴場が全部で6か所あったので、かなり骨が折れました。でも、この記事読んだら穴場について全部わかるぜ&ライバルが後から抜かす意欲が湧かないぜ。くらいのクオリティとボリュームにはなったはず。

どんだけ自信があるんや…って感じですが、後から抜かされるの嫌じゃないですか。せっかく書いたのに。

書くなら徹底的に、です。

他にも、やっぱ穴場じゃなくて正規会場で観ようって思った人向けの場所取り方法や、駐車場情報、大会前後のお祭り情報、交通規制や渋滞予測

などなど追加して書きました。特に駐車場情報に力を入れましたね。googleで検索したらMapにピンが立つけれど、実際に行ってみたら使えない駐車場だったとかありませんか?料金とかまでMapに出ないし。

そんなこんな、色々書いてたら11600文字となりました。またやっちゃった…書きすぎ…

でもこの負けず嫌いの根性が功を奏してか、現在「○○花火大会 穴場」で検索すると2位につけています。まだ1日なのに。

まじか、実はさらっと書いたけど、めちゃくちゃ嬉しい。

リサーチしまくったブログ記事でライバルに勝つ

ただ、穴場で検索する人って少ないので、これを呼び水にして他のキーワードでも上位表示してくれたらいいなーって思っています。

この花火大会が9月にあるので、これから1か月ちょっとかな?その間に、1語でも1ページ目に入ることが目標です。

ちなみに、今まで記事を書く時に意識していたのは「ユーザー目線」なんですが、最近この考え方が変わりつつあります。

ライバル記事が提供していない価値を、自分が提供できるだろうか?読者にありがとうって言ってもらえるだろうか?って視点は確かに必要なんですが、それ以上に「勝つ」っていうのが重要だなーと。

今までごちゃまぜブログを実践してきたんですが、この「勝つ」っていう意識がないと、なかなか上位表示できなくて。

ライバルよりも自分なりにきちんと調べて、裏を取って、体験も入れて、とか色々やるんですけど、それ以上に選んだキーワードで「勝ちに行く」という姿勢が大事なんじゃないだろうか?と。

イベント記事はこれまで通り継続して書いていきますが、過去記事のリライトも兼ねて、「勝ちに行く」というところも実践していこうと思います。

勝に行く記事に変えて、順位とか追ったら面白そうですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*