コンテンツの質?ちゃんと9000文字書いたけど6ページ目ですよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この前はサクッと書いた記事が投稿後たった2分で2位に表示されましたー。って記事を書いたんですが、

今回は、9000文字書いたのに全然上位表示できひんのやけど。なんで?という記事です。

ちなみにこの前、成功したよって報告記事はコチラ。

記事投稿後3分で2位表示した記事!一日で1000アクセスを取れる可能性が

でもって、今回はこの記事と同じ様な感覚でキーワード選んで、ライバルチェックして、リサーチして投稿したつもり

 

なんだけど、全然後ろの方になっちゃった。なんで?(笑)

 

投稿した記事のキーワードは

 

「○○(イベント名)値段」

月間検索ボリュームは20。

 

フードフェスなんですけど、肝心の料理の値段が公式サイトで公開されていなかったんですよね。

なので、「フードフェスに行ってみたいけど、料金が分からなくていくら持っていったらいいのか分からない」という人に検索需要があるんじゃないかと。

 

ライバルをチェックしてみると

 

・個人ブログ6700文字 456記事
・公式(料金説明なし)
・公式
・個人ブログ1986 340記事 なし
・レッツエンジョイTOKYO 企業サイト
・個人ブログ タイトルにキーワードなし5900 50記事
・ウォーカープラス
・個人ブログ タイトルあり2800 220記事
・イベントチェッカー 企業?うす
・ファッションpress アパレル企業 内容薄い

 

 

だったんですよ。

1番目の個人ブログ・公式には敵わないとして、4番目の1986文字の「内容が薄い記事とか、7番目の220記事のブログには勝ってもよくないですか?(笑)

 

9000文字も書いたのに、4日前に投稿して現在6ページ目なんですよ。ちゃんと、値段とかTwitterで地道に調べたのに。

 

意味が分からない。。。

 

イベント記事ってよく3カ月前に投稿しなさいっていいますよね。Googleに評価されるのに大体それくらい掛かるって。

 

でもさ、

 

一方で、この前みたいに投稿してすぐに上表示できる記事もある。

 

 

 

この境界線が全くわからん。

 

このまま待ってたら、イベント開催の11月下旬までに、どうにか評価されるだろうか…。

 

全然わからん。

 

やっぱり、来場者数が30万人くらいいるイベントだと、タイトルにキーワードが入ってなくても、記事内に「値段」って単語が入ってて、そういった記事たちに負けてしまうのかな。

 

でも実はこの記事、「値段」の他に「料金」でも狙っていて、そちらは2ページ目の最後に表示されているんですよね。

 

謎は深まる一方です。

 

ちなみにですが、、、

 

私、値段→料金の順にキーワードを狙ったので、タイトルにも値段→料金の順で単語を入れています。

でも、「料金」の方が上位表示されています。

 

なんか、Googleさんは左側の文字を重要と認識するって聞いたことがあるけれど、そんなの関係ないんでしょうか。

 

実際、最近は「○○花火大会2019の駐車場情報!アクセス・渋滞・穴場情報も攻略」みたいな記事もあるけど

「夜空を占領する三尺玉!○○花火大会の見どころ満載でお届け」

みたいな、そんなタイトル記事も増えてきたような気がします。

 

私は怖くって、タイトルに順番にキーワードを入れているんですけど、「○○花火大会2019の駐車場情報!アクセス・渋滞・穴場情報も攻略」とか同じ様なタイトルの記事がズラー――っと並んでいる中で

「夜空を占領する三尺玉!○○花火大会の見どころ満載でお届け」

があったらクリックしたくなりますよね。

 

もしライバルが多い記事に挑戦することがあったら、試してみようかなって思います。

 

で、話を戻します。

 

ここまで考えて、

 

 

 

「タイトルにキーワードが入ってなくても、記事内に「値段」って単語が入ってて、そういった記事たちに負けてしまう」

 

 

 

これしか考えられないなーと。

 

少し時間が経てば順位も上がってくるかもしれないけど、今までイベント記事を3カ月実践してきて、

 

6ページ目に表示されている記事が評価されて、1ページ目になったことはない。

という事実があります。どんなに内容が濃くてもね。

 

なので、このフードフェスの値段について書いた懇親の記事は、私のブログが500記事くらいにならないと1位にはなれませんよと。

最低でも250記事くらいにならないと、1ページ目にすら表示されませんよと。

 

なので、結論として今私にできることは、

  • ひたすら記事投稿
  • ひたすらライバルのいないキーワードを探す

 

以上。

 

と、超初歩的なところに帰ってきました。笑

でもこれ、自分の中では、経験してから書くのと、ただ教科書を見た後に書くのとでは全然違う重みがあります。

 

にしても、

・個人ブログ タイトルあり2800 220記事

 

のライバルブログですが…

220記事も書いていれば3000文字でも、ライバル結構いても上位表示できるんですね。

 

私のブログが120記事。

たった100記事だけど、随分と差ができるもんなんですね。

 

ひたすらに記事投稿していくって、ほんとう重要なんだなーって。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*