googleに好かれる記事の書き方が判明した模様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この前の記事で、私みたいな弱小ブログの記事じゃあ、どんなにコンテンツ詰め込んでもダメだ。って書いたんですけど、また状況が変わってきましたよ。

何か…順位上がってきた。

 

この前、「この方法ならイベントの数日前でも上位表示可能だわ!」って調子に乗って書いた記事が撃沈したよって話をしました。

 

が、ここ数日でそれらの順位が上がってきました。しかも爆上げ。これみてください。

まだ投稿したばっかりなんで、こんなグラフ笑 こんなもん分析すんなよってね。

でも見え隠れしてる紫の線が順位なんですが、投稿当日に31位→翌日10.3位まで上昇しております。とういか、現在は9番目に表示されてます。

これも見て下さい↓

こっちも投稿した直後は43位だったんですが、その2日後に26位、現在検索してみると11番目に表示されています。

 

この前投稿後すぐに上位表示した記事と比べて全然ダメで、あれは奇跡だったんだって思ってましたが、

 

やっぱりこの記事の書き方間違ってない。

 

私が欲をかいてイベント一週間前なんかに投稿しなければ、きっともっと評価してもらえたはず。

というのも、これ花火大会の記事なんですが、開催日が今週末のやつなんですよね。

 

間に合わない笑

 

で、この2つの記事なんですが、実験的に質を落として書いた記事でもあります。前にこんなこと書いたんですが、それを実践したんです。

 

次は「記事質を極端に低下させて」書こうと思ってます。最近購読しているメルマガ発行者さんの言葉で「あなたはなんのためにアドセンスやってるんですか?」って言葉が刺さりまして。

要はライターになりたいの??違うでしょ??って話なんですが。

私、記事書くのがすんごい遅いんです。自分だったらここまで調べるっていうラインまでリサーチしてから、それをまとめて記事にするってスタイルが原因なんですが。

花火大会記事一発目結果報告!1ページ目に表示されない記事はゴミクズ説

 

私は今まで「ユーザー目線の記事」を目指していました。徹底的にリサーチして、徹底的にわかりやすく書き、必要とあらば画像を作成してまで。googleマイマップも作ってあげたりしたな。

 

「ユーザーのためになる記事を徹底的に」

 

という方針で100%全力の記事を書いてたんですね。

でも、どうやら違うらしいぞと。いくら一生懸命に書いても、結局のところgoogleに評価してもらわないと結果は出ないぞと。

確かに、記事の質を重視して書いたらユーザーからの評価が上がります。それが数字で表れる部分もあります。

 

実際、私が書いた記事の文字数めっちゃ多いので、記事の滞在時間6分とかです。googleストリートビュー埋め込んで時間つぶしてもらったりしてますし笑

で、確かにこういった「ユーザー目線の記事」も大切。

 

でも、それ以上に「現在のgoogle」が評価している項目があるってことです。

 

それが「記事数」。

 

薄々気付いてはいました。だって、私文字数めちゃくちゃ詰め込んでて、情報も超網羅して書いてるのに、ペラペラのブログを抜かせないんだもん。

それが不満でライバルチェックした結果、上位表示してるブログは記事数が軒並み多い事を発見したんです。

だったら、じゃあ、早いとこ稼ぐためには記事質を落としてでも、量をこなした方がいいよねと。

なので、今回の記事はリサーチ時間や分かりやすい画像とか、そういった部分をかなりそぎ落として書いたんです。

例えばですが、

・駐車場から駅までの時間のルート検索をいちいちするのやめました。
・穴場とかの情報も、完璧じゃなくって他の記事の寄せ集め+アルファみたいな感じでオリジナリティはなくしました。
・穴場から花火の見え方とか、いちいちTwitterで画像検索してあげるのやめました。
・混雑状況とか、いろんなブログを読み漁って探すの適当なところで終わりにするようにしました。
・駐車場MAPとかまとめて作ってあげるのやめました

 

そしたら…超スピーディー!!

記事を書く時間が半分くらいで済むようにこれは大きい。

 

で、全力を出してない記事だし、イベント直前の投稿だし、きっと評価してもらいないよね。やっぱりね。と思ってたらさっきの結果ですよ。

さすがに1週間前に投稿するのは失敗だったけど、

「現在のgoogleはライバルに勝ってさえいれば全力記事じゃなくても余裕で評価してもらえる」

 

ってことです。これが分かったので、さっさと稼ぎます。

これからは、イベント2~3カ月前に記事を仕込んで、しっかり評価してもらおうと思います。急がば回れだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*