行ってもいない花火大会の記事を超詳細に書ける方法を発見した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント系の記事って自分が実際に行かないと臨場感や感動を伝えることができないので、客観的でつまらない記事になりがちですよね。

ただ、花火大会のように内容がそこまで変わらないイベントであれば、実際に行ってないのに超お役立ち&googleにも評価される記事を書けることが分かりました。

行ったことない花火大会記事ではSNSで徹底リサーチ

最近投稿した花火大会の記事が2つ連続で2位と3位を獲得できました。

さすがに「○○花火大会」の1語では花火大会特化サイトや公式ページに上位を取られてしまいますので、「○○花火大会 穴場」の2語の複合キーワードで狙って書いてます。

これらの記事を書く上で私がしたことは「読者が安心できるレベルまで徹底的に調べる!」です。

ただ、その二つの花火大会私は実際に行ってないので、ネット上から情報を拾ってくるしかない。

そうすると、どうしても文末が~らしい、とか~みたいという表現になりがちなんですが、徹底的にリサーチをすることによってそういった表現を使わずに、かつgoogleさんにも評価してもらえています。

そのリサーチ方法なんですが、SNSとGoogleMapを徹底的に活用させてもらいました。

花火大会記事では抜けそうなライバルをまず見つける

例えば「穴場」の場合ですね。前回の記事で、穴場情報にどんな内容を盛り込んだらいいか?ということを私なりに考えて書いたんですが、今回はそのリサーチ法を書いていきます。

ちなみに、ライバル記事の状態をみると大体こんな感じ

穴場スポット1 〇〇〇

ここは堤防のすぐそばにあるので、見通しが良く、花火が綺麗にみえますよ。あまり知られてないスポットなので、ゆったり鑑賞することができます。

住所&Map

ほとんどのライバルがこんな感じでサラっとしか書いていません。逆に言うと、これ以上詳細に書いてある記事があった場合、そこには無理に勝負を挑まないようにしています。

花火大会記事のSNSを利用したリサーチ法

で、1位の記事でもこれくらいの薄い情報しか出していないので、googleの検索窓にキーワードを打ち込んでもそれ以上濃い情報を引き出すことはできません。

まれに「○○花火大会 穴場 スポット名」とかで検索すると、個人の日記みたいなブログが引っかかることがありますが、十分な情報を仕入れることは難しいんです。

そこで私が活用しているのがSNS。これが最強です。

例えばインスタでハッシュタグ検索すると大体「#○○花火大会」で色んな写真が引っかかります。そこから穴場スポットから観たっていう投稿をみつけるわけです。

他にも「穴場スポットの名前」を打ち込んで検索すると、花火大会の日時での写真が投稿してある可能性高いです。

Twitterは画像こそ少ないけれど情報源としてが抜群の威力を発揮します。

「穴場スポットで観てるなう。綺麗だ」とか「○○から花火見てるけど、小さすぎ」とかいろんなつぶやきがあるんですよね。

さらにツイッターのいいところとしては、絞り込み検索ができるということ。例えば「○○花火大会 穴場」ってツイッターで検索すると、○○花火大会と穴場という文字が含まれている投稿のみが表示されます。

これ、インスタではできないんですよね。有料ツールを使えばできるらしんですが、有料はね…

個人ブログの写真を無断で使用するのはよろしくないですが、インスタ・ツイッターは「埋め込み」といって、そのまま自分のブログに投稿を貼り付けることが可能なんで、かなり重宝です。

そしてMapも使い倒しています。まず、穴場からストリートビューを使って、会場までの見通しをチェック。

さらに、MYMAPという誰でもオリジナルの地図を作れる機能があるんですが(無料)、この中に「メジャー」という機能があります。距離測る機能ですね。それを使って穴場から打ち上げ場所までの距離を正確に把握することが可能です。

縮尺とか見なくてもサクサク測れるので超便利です。で、距離や見通しを確認したら、それもスナッピングツールで画像を加工したりしてブログに貼りつける。距離も教えてあげます。

こんな感じで花火大会の穴場情報を集めていけば、実際にはいってないのに、見え方とか注意点とか帰りの混雑に巻き込まれなかったとか、かなり濃い情報を集めた穴場記事を書くことができます。

私はこの方法で上位表示をさせることができました。

文字数ごり押しは逆効果??

ただ、1位にならないんですよ。自分で言うのもなんですが、穴場に関する情報としては一番詳しく記事に書いたつもりです。

コンテンツ内容としては濃いし、文字数的にも多いのに1位にならない原因として考えられることとしては

  • ドメインパワーが弱い
  • 余計な内容を書いている

だと思うんですよね。で、自分より上に表示されているライバルをチェックすると「穴場オンリー」な内容なんです。

私は欲張っちゃって「穴場」以外のキーワードも狙うので、駐車場やら場所取りやら有料席やら見どころやら、他の情報を詰め込んでいるんです。文字数にして1万字前後が多いですね。

でも穴場+駐車場くらいのサッパリした記事の方が上位に来ている…

このことを踏まえて、次回は「必要最低限のテーマを超濃く書く」という方針でやってみたいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*