私流、お祭り系キーワード選定方法!思考の流れの記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、秋のお祭りの記事を書いたので、その過程と言うか思考フローを書いていきたいと思います。

どうやってキーワードを選んだのか?記事の構成はどんな風に考えたのか、リサーチはどんな風にしたのかなど。

誰かの参考になったり、自分の足りてないところが良くわかるようになるといいなと思いますー。

今回はキーワード選定の部です。

今回選んだキーワードは11月にあるお祭り「○○祭り 意味」です。

私は普段イベント系キーワードを探すときに、以下のお祭りの日程まとめサイトを参照しています。

→http://maturi.info/

ウォーカープラスとか他にもイベントまとめサイトってあるんですけど、何だかメジャーなところばっかり出てきて、ライバル強いんですよね。

あ、ちなみにウォーカープラスは花火大会探すときには重宝してます。

で、さっき紹介した「お祭り日本」は、メジャーどころはもちろんのこと、超マイナーなお祭りも紹介されています。

素朴な感じのサイトだけど、何だかここから探すと、何故だかいいお祭り見つかるんですよねー。

欠点としては、お祭り日本と言いながら網羅はされてないってこと。2016年にサイトのデータが飛んだだかで、紹介されているお祭りの数は少なめなのです。

でも、私みたいに個人でブログ記事を書き溜めている人にとっては十分すぎる量ですけどね。

 

 

今回選んだキーワードは「○○祭り 意味」なんですが、これは上記のサイトから適当に選んだお祭りを、「関連キーワード取得ツール」に入れた結果の一つです。

「関連キーワード取得ツール」に入れて、全然複合キーワードが出てこないお祭りは検索需要が少ないとみて、あまり手を出しません。

一応、1語で検索窓に入れて、検索結果下の方のgoogleサジェストもチェックしてみますが、ほとんど出ない事の方が多いですね。

 

そんで、今回は関連キーワード取得ツールに入れたらズラーと結果が出てきたので、これを丸っとコピペしてキーワードプランナーに入れます。

 

そうすると、過去の検索ボリュームが出てくるので、数字が出てるキーワードをgoogleの検索窓に入れてライバルチェックしていきます。

この時気を付けていることは、「関連キーワード取得ツール」に入れた後、複合キーワードが出すぎたり、1語の検索ボリュームが1万を軽く超えているものは避けるってことです。

ズラー―――っとって言われても伝わらないですよね。

何となくの間隔で言うと、関連キーワード取得ツールでキーワード吐き出した後、スクロールバーが1/4くらいの長さになってたらヤバイですね(笑)

 

私は過去に、日本三大花火大会の一つに手を出したことがありますが、見事に撃沈。

現在、「○○花火大会 駐車場」とかで30番くらいには出てきて、辛うじて圏外にはなってませんが、それでも3ページ目とかゴミクズですね。

 

1万文字以上書いたのに(笑)

 

ちょっと余談ですが、3ページ目とはいえ、なんかロングテールのキーワードを拾ってくるのか知らんけど、それでも私のブログの中で一番アクセスがあります。

恐るべし、三大花火大会。まあ100万人近くが訪れるんで、皆必至で情報を探すんでしょうね…。

3ページ目でこれってことは、1ページ目に表示された日には…よだれが止まりませんね。小躍りするレベルでしょうね。

 

と同時に、3ページ目のブログのアクセス数が1位にくる私のブログって…orz

 

またも話を戻します。

 

で、1語のアクセスが1万以上あるキーワードはもっとブログが強くなってから挑むとして、私が狙ってるのは○○祭り1語のアクセス1000以下くらいです。

1000以下といっても、「○○祭り」の一語だけで1000以下ってだけなので、駐車場とか混雑具合とか、見どころとか、アクセス方法とか、

内容の濃い記事を書けばそういった色んなキーワードからのアクセスを見込めるはずです。

 

で、キーワードプランナーで出てきた検索ボリューム10くらいの「○○祭り 意味」っていう複合キーワードでライバルチェックしたら、今回は「弱そう」と私的に判断できたので、このキーワードに決定。

 

月間検索ボリューム100くらいを狙っていきたいところですが、意外とないし、あってもライバルも強くなるんですよね…。

なので、穴場的なキーワードから狙って記事とブログの評価が地味に上がればいいと思ってます。

実際、検索ボリューム10くらいでも、もっといろんなキーワードから検索くるし。

ちなみに、「○○祭り 意味」の記事は今から2日くらい前に投稿しましたが、現在インデックスされて10番目に表示されています。

ギリギリ1ページ目。

 

どうなるかなー。当日までに順位が上がってくれるといいんだけど。

キーワード選定って皆一言で済ませますが、実際は結構工程が存在していると思います。

 

まずキーワードネタの探し場所でしょ、次にどれくらいのボリュームなら挑めるかでしょ、あとライバルチェック。

全部混ぜこじゃにして考えると、どうしても「ま、いっか。書いてみるか。そのうち勝てるだろう」という謎のポジティブ思考になってしまうので、

ちょっと工程を細分化して、ここがこうだからダメ!ここがこうだから挑戦!という風に、自分の中の基準を明確にしていかないとダメだなーと感じています。

 

そんなこんなしてるとキーワード選定に時間ばっかり使っちゃって、なかなか記事が書けないのが今の悩みですね。

 

基準を明確にする、にしても、まだまだ数が足りません。もうちょっと量をこなして、自分の中に情報を貯めるために、逐一思考の流れを記録していかなきゃなーと思います。

 

今回はキーワードのお話で長くなってしまったので、次回はライバルチェックについて書きますー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. a-horihori より:

    はじめまして、ランキングからお邪魔します!

    キーワード選定、初心者の自分にはなかなか難しそうなお話ですが、
    これを押さえなければ勝負ができない、アフィリエイトの肝なんでしょうね!
    これから自分も勉強して、理解できるようになりたいです。

    ためになるお話、ありがとうございます!

  2. たっそ より:

    a-horihoriさん

    はじめまして。

    コメントありがとうございます。

    私もまだ勉強している身ですが、
    実践しているアドセンスブログの記事でアクセスが来ないものは、
    キーワード選びを失敗しているというものがほとんどです。

    というか、全てかもしれません。

    色んな経験をして、「このキーワードはいける」という感覚を自分の中で磨くことが大事なんだなとしみじみ思ってます。

コメントを残す

*