1か月たった10記事でアクセス1.5倍にも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ここ一カ月、正確には22日間でマイペースに10記事書いて、アクセスが1.5倍になりましたよ。

そこで今回は、どんな記事をどんな信念で書いて1.5倍になったのか大公開しちゃいますね。

毎度のことながら、記事書くのが遅い私ですが、今回もどうにか22日間で10記事、ノロノロ書いてたら、ブログのアクセス数が1.5倍になりましたよ。

ノロノロって言っても、私としては超特急なんですが。

ちなみに、がっかりさせちゃうかもしれませんが、母数は2000です。

 

そう、アクセスは2000の1.5倍で3000になりましたー。笑

 

いやでも、イベント記事書き始める前は月にたったの687アクセスだったんで、すごくないすか!?快挙です快挙。

 

ほらこれ見て下さい。

4~6月が徹底したユーザー目線を意識して書いた記事を更新し続けた部分。(赤色)

で、7月~現在が、ユーザー目線とかどうでもいいから、イベント記事だけひたすら書いた期間。

ライバルと内容が被っていようが何だろうが、ライバル記事の内容を網羅する事だけを徹底した期間。もちろん、コピペはしてませんョ

 

最近よく聞く「ユーザー目線」ですが、確かに大切。Googleの中の人も言ってるらしいですね。いかにユーザーのためになっているのかが最重要って。

 

でも、ブログで稼ぐということに関しては、大事な要素が抜けているんです。

 

それは、「ライバルに勝つ」ってこと。

ユーザー目線だーとか言っても、ゆーて、記事を判定するのはまだ機械じゃない。

Googleのアルゴリズムも日々進化して、AIだなんだって言ってるけど、結局は数値化して評価するしかないでしょ。

 

 

 

確かに「ライバルに勝つ」という要素も「ユーザー目線」につながります。

だって、ライバルに勝つってことは、コンテンツをライバルより充実させるってことだから。文字数とか、網羅性とかがそれに当たりますよね。

 

充実したコンテンツはユーザーのためになりますよね?

 

でも、ライバルに勝つってことより、「充実したコンテンツ」を第一に考えると、必ずしもライバルに勝てません。

 

どういうことか。

 

私もまだ駆け出しのイベント記事書きなんで、偉そうなことは言えないんですが、それでも

ライバルに勝つには「文字数」「網羅性」が超大事ってことは確実です。

 

同程度のドメインパワーのブログ同士だったら、この二つの要素で勝ってる方が評価されますよね。

 

他にも内部リンクやら、記事滞在時間やら色々ありますが、ドメインパワーを抜いた要素で大きいのはこの二つだと感じます。

 

でも稼いでもないくせに、まだ上位表示させるノウハウなんてないくせに、ユーザー目線だー!なんて高らかに叫んで記事書いても、絶対に、絶対に、絶対に稼げません。

 

例えば、「マジックテープ ゴミ 取り方」とかいうキーワードの例を出してみましょうか。

これで検索すると、上位サイトはマジックテープの一番取りやすい方法を見つけるまで、自分がどれだけ試行錯誤したのか、って部分を強調してます。

 

ピンセットで取ろうとしたけどめんどくさい。ブラシでやったけど、柔らかすぎたetc…

 

これ、ユーザー目線で考えたらいらなくないですか?

ぱっぱと結果を教えてあげればいいのに。

 

で、当時私はユーザー目線でいかに記事を書くかについてこだわってたので、「じゃあ結論だけ丁寧に教えてあげる記事があったら、すごく感謝されるよね」と考えたんです。

 

で、書いたけど、全然抜かせない(笑)

 

他にもさ、「手荒れしない洗剤 おすすめ」だっけかな?そんなような趣旨のキーワードでライバルチェックしてみると

 

ものすごく適当な記事がズラー――っと出てきたんですよ。何を根拠に手荒れしないって言ってるねん。と。

 

なので私は、手荒れする原因が合成界面活性剤の種類によっては合わない場合がある

とか、「植物由来の洗剤だから安心」なんて謳ってる商品も、実は植物から合成界面活性剤作ってるだけだった

 

とか突き止めて、そこから本当に手荒れで悩んでいる人におすすめできる石鹸について記事を書いたこともあったけど、

 

全然ダメ笑

 

絶対タメになるのに。絶対手荒れしないのに。なんなら私は全く手荒れしなくなったのに。

 

超ユーザー目線で書いたのに。

 

でも、当たり前ですよね。

 

だって、記事を判定してるの機械だし。近い未来にはAIがさ、もっと進化して、言葉の意味まで人間的に理解して、

本当にユーザーのためになる記事を評価してくれる時が来るかもしれないけど、

 

それっていつのこと?

 

 

あなた、それまで稼がないつもりなの?

 

 

ということです。今の最善方法でいかないとさ。

 

 

つまり、自分が勝てるライバルがどのくらいの規模のブログなのかをキチンと把握して、いけると思ったら、徹底的に書くってことですね。

 

 

 

で、話を戻します。

さっきのグラフ。違いは一目瞭然でしたよね。

 

というか、あからさますぎでしょ。

もう一回出すか。

 

最後の方でピョコンと飛びぬけている場所がありますよね?あそこは8月末に大急ぎで書いた花火大会の記事3つでアクセス稼ぎました。

 

今まで、

7/28  1000超え
8/23  2000超え
9/14  3000超え

 

というペースで猛進してますが、まだブログのドメインパワーとか、全然ついてなくてこの結果です。まだ130記事だし。イベント記事だけなら全部で33記事だし。

 

ライバルを抜かす。網羅的に書く。というのは少々骨の折れる作業ですが、結果が出るまでの辛抱だと思えばそんなに苦ではありません。

 

(もっと遊んだり、夜ダラダラしたりしたいけど)

 

10000文字とか書いても100%上位表示するわけではないし、時には「あれだけ書いて圏外かよ。〇ね…」と思うこともありますが

 

でも、未来は結構明るくなってきました。このまま頑張れば、いける。いけたら、外注化して楽ちんしよう…とか、そんな先のこともホクホク考えられるようになってきました。

 

 

ちなみにですが、さっきのピョコンとなってる後に停滞しているのには理由があります。

 

1、紅葉系のキーワードで苦戦した

2、イベント一か月前に記事執筆した結果、アクセスの取りこぼしが多かった

3、Googleサジェストに出てくるキーワードに検索需要があると思ってた

 

だいたいこの3つの原因ですね。このせいで、10月にアクセスを集めてほしかった記事がテンでダメ。

 

何でもトントン拍子に進んでいるわけではなくって、ちゃんと紆余曲折やってます。

 

 

で、この3つの反省を踏まえて、9月中頃かな?キーワードの選び方とか、ライバルチェックとかに重きを置いて実践するようにしました。

あと、ひとまず記事を増やすということ。

 

ライバルと比較して、圧倒的にボリュームとか網羅性で優ってても、記事数が少ないと話になりません。

 

で、10月中のイベント記事は全く入ってないので、ここからさらにアクセスは減ると思いますが、その分11月のイベント記事を厚く入れています。

 

これが、どうなるか。楽しみでもあり、不安でもあり。次は4000の大台を突破したら、同じようなタイトルで記事書きますねー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*