予想以上に適当!ライバルチェックに基準がないと稼げない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ライバルチェックの仕方について書いてみようと思います。

 

前回はキーワードの探し方について、自分の中での整理も兼ねて書きましたが、それのライバルチェックバージョンです。

ちなみにキーワードは、

・あまり有名じゃないイベント
・2語の複合キーワードで検索かけて1ページ目がアドセンス記事でびっしりじゃないこと
・ウォーカープラスとか、大手サイトがトップに出てこないキーワード

を意識して選んでるって話をしました。

 

それを踏まえて、1ページ目のライバルチェックをしていくわけですが、ここで一番意識するのはボリュームです。記事数と文字数。

私の今までの経験上、どんなにユーザー目線だとか吠えても、記事数のめっちゃ入ってるブログには勝てません。

 

例えば、ライバルが3000文字くらいしか書いてないスカスカの記事でも、1000記事入ってるブログだったら、こっちが10000文字書いても勝てないんです。

 

文字数稼ぎの無駄な文章とか全然なくても。しっかり裏を取った情報でも。どんなに読者のことを考えても。

 

それだけ、記事数という項目はGoogleが評価してるんです。

 

だって、5000文字中2000文字テンプレで使い回してるブログ記事でも上位表示してんだから。

 

なので、ライバルチェックして相手の内容が薄くても、1位から10位のブログの記事数が多ければ書きません。

 

絶対に絶対に勝てないから。自分のブログの記事数が同じくらいになったら書くかなって思いますが、100記事やそこらじゃ

 

ぜーーーったいに勝てません。

 

理想は、ほとんど誰も書いてないイベントを探して書くことですが、それも難しいのが現実。

 

そんなイベント探してたら、一生記事書き始められないので、妥協します。

 

その妥協ポイントなんですが、これが難しい。

 

というのも、「このライバルになら勝てるな」っていう基準がまだ曖昧で。

 

これは単純に実践量不足ですね。

 

こういうライバルがいるから、このくらい書けば3カ月後には抜かせるだろう。

 

っていう部分に、自分の中での経験が足りなくて。

 

負けるかもしれないけど、取り敢えず書く。

 

一応、自分のなかで「こうやったら勝てるんじゃないだろうか」っていう仮説を立ててから書いていますが、

 

現状、ライバルがほとんどいないイベントでしか勝てない。

 

という状況なんですよね。

 

まあ今の悩みを書いても仕方ないので、私の中の「取り敢えず書く」の基準を言うと、検索結果1ページ目に

 

・内容の濃い記事(8000文字とか)が1記事以下くらい

・狙ったキーワードがタイトルに入ってない記事が3記事以上ある

・記事数の多いブログが3個以下

・公式サイトの情報が薄い

・画像や地図が入ってなくてわかりにくい記事が多い

・内容が薄くて記事数も300以下のブログがある

 

とかそんな条件を満たしたら書いています。

 

他にも内部リンク頑張ってるブログとか、出来立てホヤホヤなのに上位に来てるブログとか、

 

私からみて、勝てるかわかんないブログってたくさんあるんですが、今は書くしかない状況なんですよね。



こうやって自分の中の基準を書いていくと、いかに適当に書く記事を選んでいるのかって事が良くわかります。

 

想像以上に適当だな笑



適当ってことは、再現性がないってことなので、成功した記事があっても、同じことを繰り返せないってこと。

 

なんとなく書いてるから、「なんとなく」の感覚に頼って続けていくしかないんですよね。

 

だから、成功できない。

 

ちょっと、今回この記事を書いて自分の適当さが浮き彫りになってしまったので、

 

次のイベント記事から



なんでこのキーワードを選んで、なんで勝てると思ったのかって事を、しっかりと明確にしてから書きたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*